2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スコーレNo.4 宮下奈都 装丁:鈴木成一デザイン室

スコーレNo.4

スコーレNo.4

著者/宮下奈都

装丁/鈴木成一デザイン室

出版社/光文社

角ばったフォントが目立つ。

スポンサーサイト

| 鈴木成一デザイン室 | 09:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

×××HOLiC CLAMP 装丁:CLAMP

×××HOLiC(1) (KCDX)

×××HOLiC(2)(KCDX)

×××HOLiC(3): 3

×××HOLiC(4)(KCDX)

×××HOLiC(5): 5

×××HOLiC(6): 6

×××HOLiC(7): 7

×××HOLiC(8): 8

×××HOLiC(9)(KCDX)

×××HOLiC(10) (KCデラックス)

×××HOLiC(11) (KCDX)

×××HOLiC 12 (KCDX)

×××HOLiC(13) (KCデラックス)

×××HOLiC(14) (KCデラックス)

×××HOLiC(15) (KCデラックス)

×××HOLiC(16) (KCデラックス)

×××HOLiC(17) (KCデラックス)

×××HOLiC(18) (KCデラックス)

×××HOLiC(19) (KCデラックス)

×××HOLiC

著者/CLAMP

装丁/CLAMP

出版社/講談社

美しく細密なイラストも素敵だが、漫画では珍しく凝った装丁で
しかも著者自らが手がけている。

帯が付くことを考えた上でデザインされていて、計算された作りになっている。

| CLAMP | 12:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ZOO 乙一 装丁:松田行正

ZOO

ZOO

著者/乙一

出版社/集英社

装丁/松田行正
ホームページ:http://www.matzda.co.jp/

二つ目の「O」の中に書かれている筆者の乙の字が
英語の「Z」と同じ形態にされていて面白い。

うっすらと見える縦棒が、タイトル通りまさに「動物園」の檻を連想させられる。

| 松田行正 | 03:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誘発者 飯田譲治 装丁:妹尾浩也(イオル)

誘発者

誘発者

著者/飯田譲治
ホームページ:http://www.iidageo.com/

装丁/妹尾浩也(イオル)

出版社/講談社

幾何学的模様が一面に広がっていて美しい。

真ん中の白い部分は、ラメがコーティングされていて
全体を締める、アクセントのようにも見える。

| 妹尾浩也(イオル) | 10:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

凍 沢木耕太郎 装丁:緒方修一

凍

著者/沢木耕太郎

装丁/緒方修一

出版社/新潮社

飾り気がなくシンプル。
それが逆に「凍」の一文字を、目に焼きつかせるような強さがある。

| 緒方修一 | 11:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マジョモリ 梨木香歩 装丁:丸尾靖子

マジョモリ

マジョモリ

著者/梨木香歩

装画/早川司寿乃

装丁/丸尾靖子

出版社/理論社

大きさに強弱のあるタイトルが印象的。

一枚の葉っぱだけにイラストが入っているのも
アクセントになっていてバランスがいい。

| 丸尾靖子 | 11:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

図書館戦争 有川浩 装丁:鎌部善彦

図書館戦争

図書館内乱

図書館危機

図書館革命

図書館戦争

著者/有川 浩

装丁/鎌部喜彦

装画/徒花スクモ

出版社/メディアワークス

タイトルが銃で撃たれたようなロゴになっていて面白い。

装画も作品の雰囲気をより高めるような
シンプルかつかっこよいイラストのため、目を引く。

| カマベヨシヒコ | 10:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫の建築家 森博嗣 装丁:泉沢光雄

猫の建築家

猫の建築家

著者/森博嗣
ホームページ:http://www001.upp.so-net.ne.jp/mori/

イラスト/佐久間真人

装丁/泉沢光雄
ホームページ:http://hw001.wh.qit.ne.jp/mi-design202/

翻訳(単行本)/越智めぐみ

出版社/光文社

どことなくレトロな街の雰囲気の空間が保たれている。

そんな街にちょこんといる象徴的な猫に
人の営みを見つめられてるような気になる。

| 泉沢光雄 | 11:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小生物語 乙一 装丁:幻冬舎デザイン室

小生物語

小生物語

著者/乙一

装丁/幻冬舎デザイン室

出版社/幻冬舎

密林を彷彿とさせる一面の緑色に、奇怪な植物が描かれている。

人の手や目も、まるで植物のように組み込まれ、馴染んでいるのが面白い。

| 幻冬舎デザイン室 | 09:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あやしうらめしあなかなし 浅田次郎 装丁:片岡忠彦

【文庫版】

あやし うらめし あな かなし (双葉文庫)

あやしうらめしあなかなし

著者/浅田次郎

装丁/片岡忠彦
ホームページ:http://nijisora.main.jp/k/index.html

出版社/双葉社

タイトルの白文字のロゴだけでも、怪しさが伝わってきます。

かわいいお手玉もより一層、怖さを演出しています。

| 片岡忠彦 | 09:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

失はれる物語 乙一 装丁:帆足英里子

失はれる物語

失はれる物語

著者/乙一

装丁/帆足英里子

出版社/角川書店

カバー全体に付いた水滴で、タイトルの文字がにじんでいて美しい。

下から覗いてる五線譜も、あたかも濡れたように見えて、作りが凝っている。

| 帆足英里子 | 11:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネクロポリス 上・下 恩田陸 装丁:鈴木成一デザイン室

【単行本】

ネクロポリス 上

ネクロポリス 下

【文庫版】

ネクロポリス 上 (朝日文庫)

ネクロポリス 下 (朝日文庫)

ネクロポリス 上・下

著者/恩田陸

装丁/鈴木成一デザイン室

出版社/【単行本】朝日新聞社 【文庫本】朝日新聞出版

イラストの上にかかっているカバーの白い紙が、下の絵をぼかしたように見え
霧の中に佇むような気分にされる。

書体もミステリアスな雰囲気に合っている。

| 鈴木成一デザイン室 | 06:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テレビ NHK総合 プロフェッショナル 仕事の流儀 鈴木成一

5月22日、火曜日のNHK総合、22:00~22:45で
『プロフェッショナル 仕事の流儀
「仕事の誇りは、自分で創る~ブックデザイナー・鈴木成一」』で
装丁家・鈴木成一さんが紹介されます。

| テレビ・雑誌での装丁家の紹介 | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜市 恒川光太郎 装丁:片岡忠彦

夜市

夜市

著者/恒川光太郎
ブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/waiwaikotaro

装丁/片岡忠彦
ホームページ:http://nijisora.main.jp/k/index.html

出版社/角川書店

暗闇と赤の狭間で彷徨うように泳ぐ金魚に、目を奪われる。

ホラーでありながらも、誘惑されずにはいられない。

魅惑的で怪しげで、手に取りたくなるような作品。

| 片岡忠彦 | 10:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

毒草師 高田崇史 装丁:片岡忠彦

毒草師

毒草師

著者/高田崇史

装丁/片岡忠彦
ホームページ:http://nijisora.main.jp/k/index.html

出版社/幻冬舎

イラストがより毒草師の世界を想像させるような、毒々しさが出ていて良いです。

タイトルのロゴデザインも紫色で毒を連想させ、いい味出してます。

| 片岡忠彦 | 07:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

この本が、世界に存在することに 角田光代 装丁:帆足英里子

この本が、世界に存在することに (ダ・ヴィンチ・ブックス)

この本が、世界に存在することに

著者/角田光代
ブログ:http://kakuta.kadokawa.co.jp/

装丁/帆足英里子

出版社/メディアファクトリー

空を飛んでいる黄色の本と、吸いこまれそうな一面の空色。

さわやかで、黄色がアクセントになっていてきれいです。

この本がきっかけで、ブログを立ち上げました。

| 帆足英里子 | 05:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はじめまして

はじめまして。湯豆腐と申します。

ここでは私が気に入った本の装丁を、日々紹介していきたいと思います。

不定期な更新ではありますが、みなさんにも装丁を好きになってもらえれば幸いです。

ではよろしくお願いします。

| お知らせ | 05:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。