2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

星へ落ちる 金原ひとみ 装丁:菊地信義

星へ落ちる

星へ落ちる

著者/金原ひとみ

装丁/菊地信義

出版社/集英社

タイトルの文字がだんだん小さくなっていって

まるで本当に落ちていくかのように錯覚させる。

スポンサーサイト

| 菊地信義 | 10:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もしもキミが。 凛 装丁:藤田知子

もしもキミが。

もしもキミが。

著者/凛
ブログ:http://ameblo.jp/rinbooks/

装丁/藤田知子

著者/ゴマブックス

水の中を泳ぐ魚と学校が、きれいな青色で描かれていて
とてもきれいで幻想的。青の色が特にいい。

| 藤田知子 | 11:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

追伸 真保裕一 装丁:長坂勇司

追伸

追伸

著者/真保裕一

装丁/長坂勇司

出版社/文藝春秋

海辺の写真が印象的。

| 長坂勇司 | 06:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なわとび千夜一夜 林真理子 装丁:野中深雪

なわとび千夜一夜

なわとび千夜一夜

著者/林真理子
ホームページ:http://hayashi-mariko.kirei.biglobe.ne.jp/

装丁/野中深雪

出版社/文藝春秋

タイトルのフォントが、なわとびの縄のようにクネクネとしていて面白い。

| 野中深雪 | 01:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

陰陽屋へようこそ 天野頌子 装丁:山田満明

陰陽屋へようこそ

陰陽屋へようこそ

著者/天野頌子

装丁/山田満明
ホームページ:http://www014.upp.so-net.ne.jp/man_may/index5.html

出版社/ポプラ社

かわいい2体のお狐様と、怪しげさを醸す紫色が陰陽の象徴とも思える。

| 山田満明 | 11:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山手線内回り 柳美里 装丁:町田覚

山手線内回り

山手線内回り

著者/柳美里
ホームページ:http://blog.goo.ne.jp/yu_miri

装丁/町田覚

出版社/河出書房新社

トイレの男女マークに山手線の緑色が使われていて、面白いアイディア。

| 町口覚(マッチアンドカンパニー) | 11:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風の音が聞こえませんか 小笠原慧 装丁:鈴木久美(角川書店装丁室)

風の音が聞こえませんか

風の音が聞こえませんか

著者/小笠原慧

装丁/鈴木久美(角川書店装丁室)

出版社/角川書店

風のそよぐ音が吹き抜けていきそうな、清潔感がある白い部屋である。

| 鈴木久美(角川書店装丁室) | 03:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まぼろしハワイ よしもとばなな 装丁:鈴木成一デザイン室

まぼろしハワイ

まぼろしハワイ

著者/よしもとばなな
ホームページ:http://www.yoshimotobanana.com/

装丁/鈴木成一デザイン室

出版社/幻冬舎

タイトルの文字が、極小のクローバーで一つ一つ細かく作りどられている。

| 鈴木成一デザイン室 | 09:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴッドスター 古川日出男 装丁:新潮社装幀室

ゴッドスター

ゴッドスター

著者/古川日出男

装丁/新潮社装丁室

出版社/新潮社

タイトルのロゴが、昔のヒーロー戦隊もののようなデザインである。

| 新潮社装幀室 | 12:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人形が死んだ夜 土屋隆夫 装丁:川上成夫

人形が死んだ夜

人形が死んだ夜

著者/土屋隆夫

装丁/川上成夫

出版社/光文社

赤い着物の少女と後ろの石仏が、怖い雰囲気を醸し出している。

タイトルのフォントからは、淡々とした物語のようなイメージを受ける。

| 川上成夫 | 07:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

わたしをさがして 佐伯紅緒 装丁:中直行

わたしをさがして

わたしをさがして

著者/佐伯紅緒

装丁/中 直行

出版社/世界文化社

水彩で描かれたような装画から、物語のイメージが浮かんでくるよう。

| 中直行 | 10:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マリアの月 三上洸 装丁:泉沢光雄

マリアの月

マリアの月

著者/三上洸

装丁/泉沢光雄
ホームページ:hw001.wh.qit.ne.jp/mi-design202/

出版社/光文社

人形の無垢な表情が、月によく似合っている。

| 泉沢光雄 | 09:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【お知らせ】日刊ココログガイドで紹介されます

12月14日に「装丁倶楽部」が日刊ココログガイドで紹介されることが、ありがたいことに決まりました。

よろしければ、ご覧下さいませ。

| お知らせ | 07:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日暮れてこそ 江上剛 装丁:永松大剛(バッファロー・ジム)

日暮れてこそ

日暮れてこそ

著者/江上剛
ホームページ:http://egami-go.com/

装丁/永松大剛(バッファロー・ジム)
ホームページ:http://www.buffalo-gym.com/

出版社/光文社

印刷された装丁を手に取り間近で見ると
装画が木に描かれているのが分かる。

それがイラストの雰囲気に合っていて、良い素材だと思える。

| 永松大剛(バッファロー・ジム) | 07:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みなさん、さようなら 久保寺健彦 松昭教

みなさん、さようなら

みなさん、さようなら

著者/久保寺健彦

装丁/松昭教
ホームページ:bookwall.jp/

出版社/幻冬舎

背景にオレンジ色の楕円形を置いたことにより、存在感が増している。

| 松昭教 | 07:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人形の部屋 門井慶喜 装丁:岩郷重力+WONDER WORKZ。

人形の部屋 (ミステリ・フロンティア)

人形の部屋

著者/門井慶喜

装丁/岩郷重力+WONDER WORKZ。

出版社/東京創元社

部屋の中に盛られた土と突き立てられたスコップという、独特の空間が恐い。

| 岩郷重力 WONDER WORKZ。 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【お知らせ】明日からの更新数について

明日から更新数を、3冊から1冊に変更させていただきます。

| お知らせ | 08:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

へんないきもの三千里 早川いくを 装丁:早川デザイン事務所

へんないきもの三千里

へんないきもの三千里

著者/早川いくを

装丁/早川デザイン事務所

出版社/バジリコ

タイトルの書体が、本の題名によく似合っているデザインだと思う。

色も落ち着く色合いで、ライトなイメージ。

| 早川デザイン事務所 | 08:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集 村上龍 装丁:鈴木成一デザイン室

特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集

特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集

著者/村上龍

装丁/鈴木成一デザイン室

出版社/ベストセラーズ

タイトルだけ見ていると漢字の羅列が
だんだん中華料理のメニューのように見えてくる。

| 鈴木成一デザイン室 | 08:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫のあしあと 町田康 有山達也・飯塚文子[アリヤマデザインストア]

猫のあしあと

猫のあしあと

著者/町田康
ホームページ:http://www.machidakou.com/

装丁/有山達也・飯塚文子[アリヤマデザインストア]

出版社/講談社

装画が無く、文字のみで構成された装丁はめずらしい。

| 有山達也・飯塚文子(アリヤマデザインストア) | 11:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

胸の中にて鳴る音あり 上原隆 装丁:野中深雪

胸の中にて鳴る音あり

胸の中にて鳴る音あり

著者/上原隆

装丁/野中深雪

出版社/文藝春秋

タイトルのフォントが、手書き風にデザインされていて可愛い。

背景が水色一色なのも、色合いが目に優しい。

| 野中深雪 | 11:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

34 だから、私は、結局すごくしあわせに思ったんだ 青木さやか

34  だから、私は、結局すごくしあわせに思ったんだ

34 だから、私は、結局すごくしあわせに思ったんだ

著者/青木さやか

装丁/前橋隆道
ホームページ:http://maebashi-t.net/

出版社/光文社

「34」の数字を囲う金色の四角が、面積が小さくてもとても目に付く。

| 前橋隆道 | 10:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。