FC2ブログ

2007年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カワセミの森で 芦原すなお 装丁:守先正

カワセミの森で (ミステリーYA!)

カワセミの森で

著者/芦原すなお

装丁/守先正

出版社/理論社

装画がとてもカラフルな色使いで、パっと目に付いた。

これだけ色数が多いのに目がチカチカしない、巧い配色だと思う。

スポンサーサイト

| 守先正 | 12:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

迷宮パノラマ館 芦辺拓 装丁:盛川和洋

迷宮パノラマ館

迷宮パノラマ館

著者/芦辺 拓

装画・装丁/盛川和洋
ホームページ:http://kuranonaka.exblog.jp/

出版社/実業之日本社

昭和の映画館に飾られている、看板のような雰囲気のデザイン。

| 盛川和洋 | 10:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名前探しの放課後 上・下 辻村深月 装丁:坂野公一(welle design)

名前探しの放課後(上)

名前探しの放課後(下)

名前探しの放課後 上・下

著者/辻村深月

装丁/坂野公一(welle design)
ホームページ:http://www.welle.jp/

出版社/講談社

上巻と下巻を並べると、色使いが対照的で綺麗。

| 坂野公一(welle design) | 12:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

楽しみながら、すこしずつ今日から自分磨き 清川妙 装丁:村上晃三

今日から自分磨き―楽しみながら、すこしずつ

楽しみながら、すこしずつ今日から自分磨き

著者/清川 妙

装丁/村上晃三

出版社/青流出版

ほのぼのとした装画から、無理をして焦らなくてよいという印象を受ける。

| 村上晃三 | 06:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本日、東京ロマンチカ 中野翠 装丁:菊地信義

本日、東京ロマンチカ

本日、東京ロマンチカ

著者/中野翠

装丁/菊地信義

出版社/毎日新聞社

やわらかい紫色一色の影絵で表現されていて、装画のタッチも面白みがある。

| 菊地信義 | 11:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暗闇のヒミコと 朔立木 装丁:鈴木成一デザイン室

暗闇のヒミコと

暗闇のヒミコと

著者/朔 立木

装丁/鈴木成一デザイン室

出版社/光文社

タイトルの「暗闇」を逆手にとって、明暗による白と黒の
モノトーン世界を作り出しているのが面白い。

| 鈴木成一デザイン室 | 11:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長き雨の烙印 堂場瞬一 装丁:松田行正+相馬敬徳

長き雨の烙印

長き雨の烙印

著者/堂場瞬一

装丁/松田行正+相馬敬徳
ホームページ:http://www.matzda.co.jp/

出版社/中央公論新社

黒の表紙に白の文字。どんな本の内容だろうかと思わせるデザイン。

| 松田行正+相馬敬徳 | 10:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きみとぼくの壊れた世界 西尾維新 装丁:Veia

きみとぼくの壊れた世界

きみとぼくの壊れた世界

著者/西尾維新

装丁/Veia

出版社/講談社

「壊」の文字が、世界が壊れたイメージを出している。

| Veia | 06:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

凍える牙 乃南アサ 装丁:新潮社装幀室

凍える牙

凍える牙

著者/乃南アサ

装丁/新潮社装幀室

出版社/新潮社

夕焼けと夜空のコントラストの中に、白い文字が浮き上がっているように見える。

| 新潮社装幀室 | 10:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本格ミステリ館焼失 早見江堂 装丁:北本裕章(picaso duo)

本格ミステリ館焼失

本格ミステリ館焼失

著者/早見江堂

装丁/北本裕章(picaso duo)

出版社/講談社

まるで焼失したかのように色彩を失った写真から、ミステリの香りがする。

| 北本裕章(picaso duo) | 11:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

倒立する塔の殺人 皆川博子 装丁:守先正+高橋奈津美+輪湖文恵

倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)

倒立する塔の殺人

著者/皆川博子

装丁/守先正+高橋奈津美+輪湖文恵

出版社/理論社

殺人からはかけ離れた装画で、碧色がとてもきれい。

| 守先正+高橋奈津美+輪湖文恵 | 01:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バチカン奇跡調査官 藤木稟 装丁:須貝美華(design CREST)

バチカン奇跡調査官

バチカン奇跡調査官

著者/藤木 稟

装丁/須貝美華(design CREST)
ホームページ:http://www.designcrest.co.jp/top.html

出版社/角川書店

バチカンの名にふさわしい、とても威厳のあるデザイン。

| 須貝美華(design CREST) | 11:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

少女ノイズ 三雲岳斗 装丁:石川絢士(the GARDEN)

少女ノイズ

少女ノイズ

著者/三雲岳斗

装丁/石川絢士(the GARDEN)

出版社/光文社

タイトルのフォントが、ノイズをイメージしたような
カクカクした文字で印象的。

| 石川絢士(the GARDEN) | 10:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

乙女虫 奥羽草紙 ―雪の章― 澤見彰 坂川栄治+永井亜矢子(坂川事務所)

乙女虫  奥羽草紙 ―雪の章―

乙女虫 奥羽草紙 ―雪の章―

著者/澤見彰
ブログ:http://ameblo.jp/sawami-aki/

装丁/坂川栄治+永井亜矢子(坂川事務所)
ホームページ:http://www.skgw.jp/

出版社/光文社

和風なテイストが心地よい装画。
タイトルの大きさと書体も雰囲気にあっている。

| 坂川栄治+永井亜矢子(坂川事務所) | 09:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雅楽戦隊ホワイトストーンズ 鈴井貴之 装丁:鈴木成一デザイン室

雅楽戦隊ホワイトストーンズ

雅楽戦隊ホワイトストーンズ

著者/鈴井貴之

装丁/鈴木成一デザイン室

著者/幻冬舎

雪化粧の街から、冬独特のキンとした冷たい空気が感じられる。

| 鈴木成一デザイン室 | 10:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブランク―空白に棲むもの 倉阪鬼一郎 装丁:池田進吾(67)

ブランク―空白に棲むもの (ミステリーYA!)

ブランク-空白に棲むもの

著者/倉阪鬼一郎

装丁/池田進吾(67)

出版社/理論社

一見ただの真っ白い装丁だが、斜めに傾けて見ると、きれいな模様が見れる。

| 池田進吾(67) | 11:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鉄槌 高田侑 装丁:松昭教

鉄槌

鉄槌

著者/高田侑

装丁/松昭教

出版社/双葉社

鉄槌のフォントが、重みがあっていい。

金ダライの水面に写る電柱の線は、そこだけ光が差したかのようで
全体の圧迫感が減っていて印象的。

| 松昭教 | 11:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

派手な砂漠と地味な宮殿 岩井志麻子 装丁:SONICBANG CO.,

派手な砂漠と地味な宮殿

派手な砂漠と地味な宮殿

著者/岩井志麻子
ホームページ:http://www.shimakoteikoku.com/

装丁/SONICBANG CO.,
ホームページ:http://www.sonicbang.co.jp/

出版社/祥伝社

拡大しないと見にくいが、装画に用いられているレース模様が
とても繊細で優美で、タイトル通り派手と地味を巧く表現している。

| SONICBANG CO., | 11:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

肝心の子供 磯崎憲一郎 装丁:泉沢光雄

肝心の子供

肝心の子供

著者/磯崎憲一郎

装丁/泉沢光雄
ホームページ:http://hw001.wh.qit.ne.jp/mi-design202/

出版社/河出書房新社

装画のタッチが古風なテイスト。

中にポツンと猫がいるのが、異質な存在にも感じる。

| 泉沢光雄 | 09:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今でもキミを。 凛 装丁:藤田知子

今でもキミを。

今でもキミを。

著者/凛

装丁/藤田知子

出版社/ゴマブックス

色彩の変化がとても鮮やかで非常に美しい。

| 藤田知子 | 09:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アンダーリポート 佐藤正午 装丁:岩瀬聡

アンダーリポート

アンダーリポート

著者/佐藤正午

装丁/岩瀬聡
ホームページ:http://www7a.biglobe.ne.jp/~iwase_design/

出版社/集英社

タイトルと著者名部分に触ると、特殊加工で盛り上がっているのが分かる。

装丁全体としてはシックで良い仕上がり。

| 岩瀬聡 | 11:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

首無の如き祟るもの 三津田信三 装丁:スタジオ・ギブ(川島進)

首無の如き祟るもの (ミステリー・リーグ)

首無の如き祟るもの

著者/三津田信三

装丁/スタジオ・ギブ(川島進)
ホームページ:http://www.s-give.co.jp/index2.html

白い首から上の見えない顔は、この頭だけの少女のものなのだろうか。

黒髪の中から見える猫の目は果たして何なのか。

本の内容を彷彿とさせられる、良い装丁。

| スタジオ・ギブ(川島進) | 06:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魔物 上・下 大沢在昌 装丁:安河内孝憲・永江達史・登野城明・小林るみ子

魔物〈上〉

魔物 下

魔物

著者/大沢在昌

装丁/安河内孝憲・永江達史・登野城明・小林るみ子

出版社/角川書店

タイトルのフォントの伸び具合が「魔物」を彷彿とさせて、とても雰囲気がある。

| 安河内孝憲・永江達史・登野城明・小林るみ子 | 05:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

窓の灯 青山七恵 装丁:町口覚(マッチアンドカンパニー)

窓の灯

窓の灯

著者/青山七恵

装丁/町口覚(マッチアンドカンパニー)
ホームページ:http://www.matchandcompany.com/index.php

出版社/河出書房新社

タイトルの位置が、左上ギリギリの所に配置されていて
写真に写っている日差しがめいいっぱい見れて良い。

| 町口覚(マッチアンドカンパニー) | 11:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒髪 谷村志穂 坂川栄治+田中久子(坂川事務所)

黒髪

黒髪

著者/谷村志穂
ホームページ:http://www.shiho-net.org/

装丁/坂川栄治+田中久子(坂川事務所)
ホームページ:http://www.skgw.jp/

出版社/講談社

タイトルのフォントが、黒髪の繊細さを表現している。

| 坂川栄治+田中久子(坂川事務所) | 04:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もえない―Incombustibles 森博嗣 装丁:鈴木成一デザイン室

もえない―Incombustibles

もえない―Incombustibles

著者/森博嗣
ホームページ:http://www001.upp.so-net.ne.jp/mori/

装丁/鈴木成一デザイン室

出版社/角川書店

タイトルの意味は、不燃性物=「燃えない」だが
装丁者は「もえ」を「萌え」とかけたのか
春色の空の下、草花が生い茂る春の季節に造りどられている。

| 鈴木成一デザイン室 | 09:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミノタウロス 佐藤亜記 装丁:ワンダーワークス

ミノタウロス

ミノタウロス

著者/佐藤亜記

装丁/ワンダーワークス

出版社/講談社

美しい夕焼け空の表紙に惹かれる。

装画のスケール感が大きい。

| ワンダーワークス | 09:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

腐指 Saori 装丁:片岡忠彦

腐指(ふし)

腐指

著者/Saori

装丁/片岡忠彦
ホームページ:http://nijisora.main.jp/k/

出版社/双葉社

触れているそれぞれの指先に赤い色が付いていて、まるで指が
触れた先からタイトル通りに、腐っていっているように見える。

| 片岡忠彦 | 09:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。