2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蟻地獄 板倉俊之 装丁:水戸部功

蟻地獄

蟻地獄

著者/板倉俊之

装丁/水戸部功
ホームページ:http://mitobeisao.com/

出版社/リトル・モア

装画を使用せずに、文字のインパクトで仕掛けた見事な装丁。

タイトルと著者名のみで構成された
素人目には一見すると、簡単そうにも見えるデザイン。

だがいざ自身でデザインをしようものなら
文字のみでいかに表紙の空間を巧く利用するかが、非常に難しいと痛感する。

上記画像には帯がないが、ぜひスタイリッシュでセンスに溢れた
デザインの帯が巻かれた『蟻地獄』の装丁を、書店で見ていただきたい。

スポンサーサイト

| 水戸部功 | 10:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぼくらは夜にしか会わなかった 市川拓司 装丁:泉沢光雄

ぼくらは夜にしか会わなかった

ぼくらは夜にしか会わなかった

著者/市川拓司

装丁/泉沢光雄
ホームページ:http://hw001.wh.qit.ne.jp/mi-design202/

装画/山本加奈子
ホームページ:http://www.kanako-yamamoto.net/

出版社/祥伝社

タイトルの文字の色は同じ青一色ではなく
微妙に色が異なっている夜空の青色が表現されているかのようで、とても綺麗。

| 泉沢光雄 | 09:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春待ち海岸カルナヴァル 木村紅美 装丁:新潮社装幀室

春待ち海岸カルナヴァル

春待ち海岸カルナヴァル

著者/木村紅美

装丁/新潮社装幀室

装画/山下アキ
ホームページ:http://yamashitaaki.com/

出版社/新潮社

青系統の色で統一された、まるで女性の洋服の柄のようにも
見えるかわいらしい装画。

シンプルなデザインでありながらも、目を引かれる装丁。

| 新潮社装幀室 | 11:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヴァニティ 唯川恵 装丁:鈴木久美

ヴァニティ

ヴァニティ

著者/唯川 恵

ブックデザイン/鈴木久美

イラストレーション/網中いづる
ホームページ:http://www.izuru.net/

出版社/光文社

カバーや帯がない、文芸誌のような造りになっていて、とてもめずらしい装丁。

洗練したオシャレな雰囲気があり
まるでコスメを紹介する冊子のようなデザイン。

| 鈴木久美(角川書店装丁室) | 09:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワーカーズ・ダイジェスト 津村記久子 装丁:名久井直子

ワーカーズ・ダイジェスト

ワーカーズ・ダイジェスト

著者/津村記久子

装丁/名久井直子
ホームページ:http://www33.ocn.ne.jp/~naku/

装画/山城えりか
ホームページ:http://erikayamashiro.com/

出版社/集英社

日々働きやや疲れも見え隠れする、まさに働く女性の部屋という雰囲気の
漂う一室が描かれた装画である。

室内に干された靴下が妙にリアル。

| 名久井直子 | 10:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

泡をたたき割る人魚は 片瀬チヲル 装丁:welle design

泡をたたき割る人魚は

泡をたたき割る人魚は

著者/片瀬チヲル

装丁/welle design
ホームページ:http://www.welle.jp/

装画/小笠原あり
ホームページ:http://ariogasawara.com/

出版社/講談社

水ににじんで浮かび上がっているような、タイトルの水色の印刷表現が美しい。

また海のエメラルドグリーンの色が非常にきれいで、装画の藻や海草がとても瑞々しく見える。

| 坂野公一(welle design) | 11:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。