PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

十七歳 小林紀晴 装丁:有山達也、飯塚文子

十七歳

十七歳

著者/小林紀晴

装丁/有山達也、飯塚文子(アリヤマデザインストア)

写真/小林紀晴

出版社/日本放送出版協会

第一刷発行/2008年6月20日

印刷所/太平印刷社、大熊整美堂

製本所/ブックアート

桜の花が散るように、あっという間に過ぎ去る十七歳という歳。

熟しきれていない青い果実のように

春のひと時のような時期を

人は「青春」と呼ぶ。

スポンサーサイト

| 有山達也・飯塚文子(アリヤマデザインストア) | 12:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。