≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

官能と少女 宮木あや子 装丁:ハヤカワ・デザイン

官能と少女

官能と少女

著者/宮木あや子

装丁/ハヤカワ・デザイン

カバーイラスト・扉イラスト/今井キラ
ホームページ:http://kira.main.jp/

出版社/早川書房

少女と呼ばれる年頃の女の子が、憧れるものが散りばめられている。

可愛いもの。綺麗なもの。美しいもの。

そして危険な香りを漂わせるもの。

無垢なままでは、いられない。

| ハヤカワ・デザイン | 09:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

逆回りのお散歩 三崎亜記 装丁:鈴木成一デザイン室

逆回りのお散歩

逆回りのお散歩

著者/三崎亜記
ホームページ:http://www.shueisha.co.jp/misaki-aki/

装丁/鈴木成一デザイン室

カバー写真/齋藤さだむ

出版社/集英社

印刷所/大日本印刷株式会社

製本所/株式会社ブックアート

一見すると既成フォントを普通に使用しているように感じるが
よく見れば、随所に手を加えたあとが見て取れる。

著者名の文字間隔の空け方、写真の使い方も
鈴木成一さんのデザインの特徴がよく出ている。

| 鈴木成一デザイン室 | 08:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

餓鬼道巡行 町田康 装丁:櫻井浩(⑥Design)

餓鬼道巡行

餓鬼道巡行

著者/町田康
ホームページ:http://www.machidakou.com/

写真/西宮大策
ホームページ:http://www.daisakunishimiya.com/

装丁/櫻井浩(⑥Design)
ホームページ:http://06d.jp/

題字協力/風信書道会

出版社/幻冬舎

題字の毛筆は達筆に書いたというよりも、勢いに任せ
豪快に綴った印象が強いが、写真と題字を組み合わせると
なんともしっくりとする。

タイトルの単語の意味を知らなくても、その題字の書体が
本の内容の雰囲気を物語っている。

| 櫻井浩(⑥Design) | 10:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏休みの拡大図 小島達矢 装丁:鈴木久美

夏休みの拡大図

夏休みの拡大図

著者/小島達矢

装丁/鈴木久美

装画/くまおり純
ホームページ:http://kumaori.info/

出版社/双葉社

女子高生たちが過ごす、ある夏休みの日の場面だろうか。

友達のこと。勉強のこと。将来のこと。恋愛のこと。

あるいは、女の子だけの秘密のこと。

今日もおしゃべりは尽きない。

| 鈴木久美(角川書店装丁室) | 10:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょうちんそで 江國香織 装丁:新潮社装幀室

ちょうちんそで

ちょうちんそで

著者/江國香織

装丁/新潮社装幀室

装画/大野八生

出版社/新潮社

印刷所/大日本印刷株式会社

製本所/加藤製本株式会社

みずみずしく生い茂る植物の葉っぱ部分に
金箔で箔押しされた実がついていて、とてもオシャレ。

また装画が印刷されている、紙の手触りも大変心地良くて
いつまでも触れていたくなる。

上品でいて、同時に気品も兼ね備えた装丁である。

| 新潮社装幀室 | 10:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

左京区恋月橋渡ル 瀧羽麻子 装丁:高柳雅人

左京区恋月橋渡ル

左京区恋月橋渡ル

著者/瀧羽麻子

装丁/高柳雅人
ブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/takayanagi_m2000/

装画/マツモトヨーコ
ホームページ:http://www.geocities.jp/matsumotoyoko55/

出版社/小学館

初々しい恋のときめきの気持ちを、文字で表すと
本書のロゴのような、心がウキウキとしている
少女の恋心にも似た軽やかさが、フォントに現れている。

ロゴがモダンな書体のテイストなので
物語の舞台である京都のイメージにもよく合っている。

| 高柳雅人(角川書店装丁室) | 12:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

星に願いを、月に祈りを 中村航 装丁:山田満明

星に願いを、月に祈りを

星に願いを、月に祈りを

著者/中村 航
ホームページ:http://www.nakamurakou.com/

装丁/山田満明
ホームページ:http://man-may.blog.so-net.ne.jp/

装画/宮尾和孝
ホームページ:http://www.miyaozora.com/

出版社/小学館

夜空の中で周る観覧車の、柔和な優しいイメージで
絵本のイラストのような、可愛らしい装画。

夜の世界観を描かれた装画というと
青系統の色味でまとめられたものが多いが
この装画はオレンジ色などの暖かい色使いがされていて
明るいイメージがある。

| 山田満明 | 11:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

起終点駅(ターミナル) 桜木紫乃 装丁:bookwall

起終点駅(ターミナル)

起終点駅(ターミナル)

著者/桜木紫乃

装丁/bookwall
ホームページ:http://bookwall.jp/

装画/坂本ヒメミ
ホームページ:http://lenso.girly.jp/

出版社/小学館

奥行きがあり、とても物語性のある装画で色調も美しくまとまっている。

今にも動き出しそうな電車と、鞄を持つ女性が今後どうするのか。

カバーを見ているだけでも、物語がひとつ生まれてきそうな装丁である。

| bookwall | 11:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

すみれ 青山七恵 装丁:大久保明子

すみれ

すみれ

著者/青山七恵

装丁/大久保明子

出版社/文藝春秋

第一刷発行/2012年6月10日

印刷所/大日本印刷

製本所/加藤製本

青と濃紺のボーダーが、地層のように折り重なっている。

鬱屈した思いや、それに連なる感情の塊が徐々に降り積もっていくと
このような色相になっていくのかもしれない。

| 大久保明子 | 09:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

花のさくら通り 荻原浩 装丁:鈴木久美

花のさくら通り

花のさくら通り

著者/荻原 浩

装丁/鈴木久美

装画/川上和生

出版社/集英社

さくらの名のとおり、装画も淡い桜色で全体の雰囲気が整っていて
ほっこりとした、優しく人情味のある通りといった印象を受ける。

| 鈴木久美(角川書店装丁室) | 11:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。